Stanaka's HomePage

 犬山(別名:白帝城) 



●所在地
 愛知県犬山市大字犬山字北古券65−2 (名古屋鉄道 犬山線「犬山遊園駅」下車)
●築 城
 天文6年(1537年)、織田与次郎信康(織田信長の叔父) 
●城 主
 織田信康、織田信清、関ヶ原合戦後は小笠原吉次、その後尾張徳川家の付家老「成瀬隼人」以後「成瀬家」が現在も所有
●城種別
 平山城
●入場料
 入場料:大人300円・子供:100円、 *平成9年時点
●その他
 現存する日本最古の天守閣(城)、全国で唯一の成瀬家が個人所有する城である。
 日本ラインと呼ばれる木曽川のほとりの風向明媚な地で「白帝城」と称せられ、観光地犬山のシンボルとなっている。

参考資料・文献 : 犬山市発行「犬山城入場しおり」、朝日新聞社発行「日本の城」、人物往来社発行「名城名鑑」


★天守閣
 *国宝



★東方遠望          ★城内石垣と石段  

   


戻る   進む
復帰