BRUNO WALTER HOME PAGE

1950年9月 ベルリンフィルのLIVE録音について


1950年9月 ベルリンフィルのLIVE録音について

ワルターは、戦後ザルツブルグ音楽祭等でヨーロッパに復帰していましたがベルリンフィルとは1950年9月に

一度だけコンサートに出演しています、その時のLIVE録音は昔から有名なもので、多くのレーベルから

発売されています。ところが最近になってモーツァルトの40番の演奏が2種類あると連絡を頂いた事から

今回の検証を実施しました。以下その結果をまとめてあります。

1950年9月25日の演奏とされている録音は手持ちで以下のようなものがある

  レーベル   番号   収録曲
LP
日本COLUMBIA
OW 7210
エグモント序曲/モーツァルト40番/ドン・ファン
LP
米 ワルター協会
BWS 1010
エグモント序曲
LP
日本ワルター協会
BWS 1007
ドン・ファン
CD
日本COLUMBIA
30C37-7918
モーツァルト40番/ブラームス2番
CD
KING
KICC 2073
モーツァルト40番
CD
WING
WCD 125
エグモント序曲
CD
TAHRA
TAH 452
モーツァルト40番/ブラームス2番
CD
ARKADIA
CDGI 738
エグモント序曲/モーツァルト40番/ブラームス2番
CD
NOTA BLU
93.5115 1/2
ドン・ファン
CD
URANIA
URN 22.150
ブラームス2番
CD
URANIA
URN 22.158
ドン・ファン
CD
LEGEND
LGD 148
ブラームス2番
CD
NUOVA ERA
N・ERA 2234
ドン・ファン
CD
NUOVA ERA
N・ERA 2259/61
モーツァルト40番
CD
ORIGAIALS
SH 836
ドン・ファン

    参考(「フルトヴェングラーと巨匠たち」の映画のサウンドトラック)

LP
日本COLUMBIA
OS 7076
モーツァルト40番/第4楽章

比較するにあたり当方にはSOUND用SOFTがありませんのですべてヒアリングのみです。

オーディエンスノイズを時間の後の括弧の中に書いています

TIMEもCDの表示および簡易ストップウォッチでの計測ですので前後1秒ぐらいの誤差あります

全数を聴くことができませんでしたので聴いたもので判断しています

検証1.モーツァルト/交響曲第40番

30C37 7918 KICC 2073 TAH452 CDGI 738 N・ERA 2259/61
1楽章 1:01 (咳) 1:01 (咳)
2:06 (咳) 2:09 (咳) 2:06 (咳)
2:50 (咳) 2:50 (咳)
3:05 (咳) 3:05 (咳)
3:08 (咳) 3:08 (咳)
5:38 (咳) 5:38 (咳)
2楽章 0:21 (咳) 0:21 (咳)
1:10 (咳) 1:10 (咳)
2:02 (音揺れ) 2:02 (音揺れ)
5:07 (咳) 5:07 (咳)
4:44 (パチ音) 4:46 (パチ音) 4:41 (パチ音)
5:09 (パチ音) 5:11 (パチ音) 5:06 (パチ音)
5:41 (パチ音) 5:43 (パチ音) 5:37 (パチ音)
5:50 (パチ音) 5:52 (パチ音) 5:46 (パチ音)
6:16 (咳) 6:17 (咳)
6:55 (咳) 6:55 (咳)
7:13 (咳) 7:13 (咳)
3楽章 1:05 (咳) 1:05 (咳)
2:01 (ギシ音) 2:03 (ギシ音) 2:00 (ギシ音)
2:26 (咳) 2:26 (咳)
2:28 (ギシ音) 2:31 (ギシ音) 2:28 (ギシ音)
2:32-34(連続ギ
シ)
2:33-35(連続ギ
シ)
2:31-33(連続ギ
シ)
2:39 (咳) 2:38 (咳)
3:08 (カチ音) 3:10 (カチ音) 3:06 (カチ音)
3:20 (咳) 3:20 (咳)
4楽章 0:18 (咳) 0:18 (咳)
1:09 (咳) 1:09 (咳)
1:10 (ギー音) 1:11 (ギー音) 1:10 (ギー音)
1:26 (咳) 1:26 (咳)
1:28 (咳) 1:28 (咳)
拍手 なし なし あり あり なし
日付 1950/9/25 1950/9/25 1950/9/25 1950/9/24 1950/9 まで

検証2.エグモント序曲

OW7210 WCD125 BWS1010 CDGI 738
1:58 (咳) 1:58 (咳) 1:58 (咳)

6:20 (咳) 6:20 (咳) 6:20 (咳)

拍手

なし

なし

なし

あり


検証3.ドン・ファン

OW7210 BWS1007 N・ERA 2234 URN 22.158
5:21 (咳) 5:22 (咳)
5:42 (咳) 5:43 (咳)
6:40 (咳) 6:41 (咳)
7:01 (カタ音) 7:02 (カタ音)
7:57-8 (咳) 7:58-9 (咳)
8:31 (咳) 8:33 (咳)

8:33 (カタ音)

8:32 (カタ音)

12:15 (咳) 12:16 (咳)
拍手 なし なし あり なし

検証4.ブラームス/交響曲第2番

30C37 7918 TAH452 LGD148 CDGI 738
2楽章 3:52-53 (咳) 3:47-48 (咳) 3:54-55 (咳) 3:49 (咳)
3楽章 4:35-40 (カタカタ) 4:35-40 (カタカタ) 4:35-40 (カタカタ) 4:38-42 (カタカタ)
4楽章 8:44
(418小節Tpミス)
8:33
(418小節Tpミス)
8:44
(418小節Tpミス)
8:33
(418小節Tpミス)
拍手 なし なし なし あり
日付 1950/9/25 1950/9/25 1950/9/25 1950/9/24

以上の事を踏まえ、ブラームスの2番以外は日・米ワルター協会とTAHRA・イタリア系の2種類の 録音が存在することを確認
しました。

現在ベルリンの演奏会は9/24-25の2日間行われた事、それ以外に映画用で4楽章のサウンドトラックがある事が判っていま
す。もしかして、片方は映画用の録音かと思い4楽章を比較しましたが別の演奏でした、ピッチが違っていてそのまま聴くと結構
違う演奏でしたが西谷さんの方でピッチを合わせたものを聴かせていただいたところ、部分的にテンポがズレましたがほぼTAHRA
の演奏に近いものでしたが別演奏です

この2種類の音源をどう考えるかですが、3つぐらい考えられます

@24日/25日両日の演奏会の録音だが、ブラームスはどちらかの録音が消失した為1種類

A一つは25日の録音で他は放送用の録音、ブラームスは放送時間の関係で録音しなかったので ブラームスは1種類しか
存在しない

Bゲネプロの録音と25日の録音、ブラームスは通しで練習しなかった為本番1種類のみ存在

いずれにしてもワルターの演奏は殆どテンポが同じで、2種類の音源がある事に全く気がつきませんでした

今回の件はまだまだ、調べなければいけない事がたくさんありますが現時点での確認できたことを公表しました

このページをご覧になって何か気がついた事やご存知の事がありましたら是非掲示板に書き込みください


今回、初めにこの事に気が付いた西谷さんの分析を以下に掲載します

この件について興味をもたれて西谷さんとコンタクト取りたい方は西谷さんのHPにアクセスください

メールで頂いているので要点を箇条書きにしました
◆ARKADIAのエグモントの終演後の拍手は本物のようですがモーツァルト、ブラームスの拍手は取ってつけたような音で

別のテープをつなげているようです、更に、モーツァルトの拍手ですが、TAHRAとARKADIAは別のものでした

◆ワルター協会ソースのLP(日本コロンビア)の特徴
  拍手がない(カットされた?) 
  咳や音場から聴衆がいる気配がある
  RIAS・ティタニア・パラストでの録音にある、ややエッジの効いた音の傾向
  マイクの位置は、モーツァルトとR.シュトラウスが同じ位置であると思われ、エグモント序曲より少しハイが出ている
   (2台のテープレコーダーで交互に録音していたと思われるので、こうした差は出ます)
  モーツァルトの第一楽章冒頭00:03でテープが切り替わっている

◆TharaのCDの特徴
  モーツァルトは拍手あり・Arkadiaとは別のもの
  モーツァルトの第一楽章と第ニ楽章の曲間にオケ側?のノイズあり
  ブラームスの二楽章03:47の咳はマイクに近い 客席ではない?
  ブラームスに長い間機械ノイズの混入あり

  聴いた印象では2曲とも聴衆なしの録音だと思いました。
  初めて聴いた際、モーツァルトの終わりの拍手にライブ録音なのかと驚いた記憶があります。
  二曲とも音の傾向は似ており、バランス、残響感、音場の広さからスタジオでの録音という印象を持ちました。

◆ArkadiaのCDの特徴
  ステレオプレゼンツあり
  客席ノイズがほぼない
  すべての曲に拍手あり
  モーツァルト、ブラームスの拍手は明らかに後から付け加えたもの
  モーツァルト、ブラームスの音の傾向は似ていて、
  エグモント序曲はハイが落ちているものの残響が豊かである

  エグモント序曲の拍手は、前後に繋ぎ目の確認が出来ませんでした。
  モーツァルト、ブラームスが偽の拍手あるということは、拍手を被せる前のテープには拍手がなかった可能性が高い
  となると、Tharaのモーツァルトの拍手が本物であると断定できなくなるかと思います

◆NUOVER ERAのドン・ファンの特徴
  ステレオプレゼンツあり、客席ノイズがほぼない

  音が鮮明ではないので断定はできませんが空間が狭い印象です。
  特にソロパートなどでは残響感がなくクッキリ鳴っています。
  拍手の前後に繋ぎ目は確認できませんでしたが曲後、突然聴衆が出現する印象です。

◆当時のベルリンの録音事情について少し思い当たるものがあったのでshin-pさんのサイトで確認してみました。

  1949年3月14-15日のフルトヴェングラー・ベルリン・フィルによるブルックナーの交響曲第8番です。
  3/14は聴衆なしの放送録音でダーレムゲマインデ SFB収録
  3/15は実況録音でティタニア・パラスト RIAS収録
  この録音のEMI盤は楽章によって音のバランスの違う音源が混ざっていたので不思議に思っていたのですが、

  後からEMI盤が2日混成されたものだと知りました。

  本題ですが、2種類音源があるとなると、2つの放送局がそれぞれ収録していたと考えられます。
  仮にいくつかの録音が聴衆なしの放送用録音であれば会場はティタニア・パラストでないという可能性が出てきます
  もしそうであれば録音の音場の、空間の広さが違ったという点に納得がいきます。

  あくまで推測に過ぎず、先入観を排除して考察すべきですが録音された音も重要な資料の一つと考えています。

◆当時のベルリンでの録音事情について追記です。ダーレム・ゲマインデハウスはベルリン・フィルの
  練習場所として利用されていた公民館だそうで放送録音に、ここで収録された音源が存在します。

  吉岡さんに問い合わせた所放送録音の場合
  SFB収録  「ゲマインデハウス」 RIAS収録 「イエス・キリスト教会」 とはっきりと分かれているそうで
  放送用録音でティタニア・パラストでの録音は確認できないそうです。

◆音の傾向から各曲を分類してみました。

 [タイプA] ワルター協会ソースのLP(日本コロンビア盤)  モーツァルト40番、エグモント序曲、ドン・ファン

 *個人的な見解
   モーツァルト40番・ドン・ファンは音響的な特性が一致します。
   エグモント序曲はハイが落ち着いていますが、大きな差は有りません。
   おそらく同じ日、同じ会場で収録されたもと推測されます。
   音の傾向にRIAS収録・ティタニア・パラスト録音の特徴があり。
   アメリカのワルター協会はRIASソースの録音をよくリリースしていました。
   RIASは西ベルリンの「アメリカ軍占領地区放送局」、だそうでコネがあったとのことです。

 [タイプB] Arkadia,Thara  モーツァルト40番、ブラームス2番

 *個人的な見解
   こちらの2曲は音響的な特性が一致します。
   タイプAとは異なる音響特性で、空間はタイプAよりやや狭く残響が短め。
   拍手については、Arkadiaのモーツァルト・ブラームスの拍手は明らかに偽物なので
   大元のソースには無かったものと思われます。
   Tharaのモーツァルトには別の拍手があり、ブラームスには拍手が有りませんでした。
   実況録音ではなく放送録音である可能性も考慮する必要があると感じます。

 [タイプC] Arkadia エグモント序曲

 *個人的な見解
   拍手ありですが本物であるかは不明。
   音場がタイプBと異なり(残響・音響特性等)、別演奏のタイプAに近い印象です。
   Arkadia盤のモーツァルト、ブラームスの拍手はつないである痕跡がはっきりとわかったのに対し
   エグモント序曲はその痕跡が確認できませんでした。

 [不明] NUOVER ERA ドン・ファン

 *個人的な見解
   拍手ありですが本物であるかは不明。
   ソースが鮮明でないためカテゴリーには入れませんでした。
   疑似ステレオなので判別が難しいのですが、タイプAより残響がタイトです。


 タイプCのエグモント序曲の存在に悩まされています。

   ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
     現時点での私の見解として、

     ・米ワルター協会ソースのLPのモーツァルト、ベートーヴェン、R.シュトラウスは同日のライブ(ティタニア・パラスト)
     ・Akradiaのベートーヴェン、映画フィルムのモーツァルトは同日のライブ(ティタニア・パラスト)
     ・Akradia,Tahraのモーツァルト、ブラームス、Nuover EraのR.シュトラウスは聴衆なしの放送録音
            (拍手はあとで付けたもの)と推測しています。
     モーツァルトの録音が3種類あることから、音源は3回分存在します。
   ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////