BRUNO WALTER HOME PAGE

関連図書



書籍/文献/記事名
出版社
出版年
備考
主題と変奏
ブルーノ・ワルター 回想録

ブルーノ・ワルター 著 
内垣 啓一/渡辺 健 訳
白水社 1965/10/5
主題と変奏  (新装復刊)
ブルーノ・ワルター 回想録

ブルーノ・ワルター 著 
内垣 啓一/渡辺 健 訳
白水社 2001/1/25
音楽と演奏

ワルター 著 渡辺 健 訳
白水社 1973/5/21
指揮者の領分

カール・バンベルガー 編 
福田 達夫 訳
春秋社 1997/3/10 「指揮者であること」(音楽と演奏からの抜粋版)
と「グスタフ・マーラー」の二点が掲載されている
マーラー 人と芸術

ワルター 著 村田 武雄 訳
音楽之友社 1960/8/20
ブルーノ・ワルターの手紙

ロッテ・ワルター・リント 編 
土田 修代 訳
白水社 1976/4/10
ブルーノ・ワルターの手紙  
(新装復刊)

ロッテ・ワルター・リント 編 
土田 修代 訳
白水社 2002/10
音楽歓想

「音楽の道徳的ちからについて」

ワルター 著 佐野 利勝 訳
みすず書房 1999/6/10 1935年ウィーンの文化協会においてなされた講演
の原稿 

エドヴィン・フィッシャーの著書の中に一緒に刊行され
ている
マーラー書簡集

ヘルタ・ブラウコッフプ 編 
須永 恒雄 訳
法政大学出版局 2008/11/1 ワルター宛の手紙が34通含まれている
Was wir von Bruno Walter lerntenErinnerungen eines ausubenden MitgliedesWiener Singakademie
「私たちがブルーノ・ワルターから学んだこと ウィーン・ジンクアカデミーの合唱団メンバーの一人の回想」

マリー・コーモルン・レプハン 著
ウィーン・ジンクアカデミー 1913 ヘンデル「メサイア」ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」
マーラー「交響曲第8番」モーツァルト「レクイエム」ヴ
ェルディ「レクイエム」の作品が取り上げられている
ワルターが指揮したモーツァルト「レクイエム」

石橋 邦俊 訳
九州工業大学
学術機関リポジトリ
2010/3/25 上記書籍の中のモーツァルト「レクイエム」の部分の
翻訳


初出は2009/7 「ブルーノ・ワルター スペシャルB
OX」 RIPD-0005(ニホンモニター社)解説書 
これに訳文の訂正と、原著の「序文」を追加したもの


https://kyutech.repo.nii.ac.jp/

Bruno Walter

パウル・シュテファン 著
Herbert Reichner 1936(Wien) ワルターの生涯を単独で扱った最初の諸作
コード・アンド・ディスコード 2 no2
「BRUCKNER AND MAHLER」

ブルーノ・ワルター 著
アメリカ・ブルックナー協
1940 https://www.uv.es/~calaforr/walter.html

翻訳は SONY SICC 10286-94の解説書に掲
載されている


英Gramophone 1962年4月号
The Making of a Legacy

ジョン・マックルーア 著

1962 クラシックプレス 12号に翻訳あり
HIGH FIDELITY MAGAZINE
 1964年1月号

1964 ジョン・マックルーアによる「An Education and a
Joy」とRobert C. Marshによるディスコグラフィ

マックルーアの翻訳はGURAND SLAM GS-
2060・2061 &
SONY SICC 10312の解説書に
掲載されている
仏DIAPASON 1995年5月号付録
「Bruno Walter,Musicienhumaniste」
DIAPASON 1995
AMERICAN RECORD GUIDE
1964年1月号
「Some thoughts about The Musical Record」(レコード音楽について考える事)

ブルーノ・ワルター 著

1964 この雑誌の記事にワルターが生前最後に執筆した文
章が掲載されている

尚、この翻訳はGURAND SLAM GS-2123 &
SONY SICC 10285の解説書に掲載されている
AMERICAN RECORD GUIDE
1964年2月号

1964 ワルター最後の録音のリリース情報とROBERT
SABIN氏による解説が載っている
独仏文学(通号 7)
ブルーノ・ワルター論三編

トーマス・マン  土田 修代 訳
大阪府立大学
独仏文学研究会
1973/12 独仏文学は国立国会図書館の資料請求で有料で
取り寄せることが出来る


http://www.ndl.go.jp/index.html
独仏文学(通号 10)
音楽の使命 ブルーノ・ワルターの指揮五十年記念祭に(1944年)
トーマス・マン  土田 修代 訳
大阪府立大学
独仏文学研究会
1976
独仏文学(通号 11)
ブルーノ・ワルター宛書簡五通
(1943-1945)

トーマス・マン  土田 修代 訳
大阪府立大学
独仏文学研究会
1977

To Bruno Walter on his 70th Birthday
「ブルーノ・ワルターに、彼の70歳の誕生日に際して」

トーマス・マン
Music Quaterly
32号
1946

Bruno Walter

B.Gavaty und R.Hauert
Monaco undGenef 1956
DIE GROSSEN INTERPRETEN
BRUNO WALTER
ヴィルヘルム・
リムペルト出版社
1960 ブルーノ・ワルター写真集、スイスのキスター出版社
から発売された「偉大な演奏家たち」シリーズの一つ
で、当本はドイツのヴィルヘルム・リムペルト出版社か
らドイツ国内向けにライセンス出版されたもの

撮影者はロジェ・オエル(Roger Hauert)、文章
はフランス・フィガロ新聞の音楽評論家ベルナール・ガ
ヴォーティ(Bernard Gavoty)によるものです。
言語はドイツ語です。

BRUNO WALTER

ARTUR HOLDE
Rembrandt-
Reihe 28号

(Verlag Berlin)
1960
La Porta dell ' Eternita-Vol.1
(1876-1932)

Michele Selvini 著
BSI 2001 イタリア語によるワルターの詳細な伝記
豊富な写真と資料
CD付
La Porta dell ' Eternita-Vol.2
(1933-1939)

Michele Selvini 著
BSI 2002
La Porta dell ' Eternita-Vol.3
(1940-1962)

Michele Selvini 著
BSI 2002 CD付
ブルーノ・ワルター
音楽に楽園を見た人

エリック・ライディング/レベッカ・ペチョフスキー 著
高橋 宣也 訳
音楽之友社 2015/1/31 ワルター初の詳細な伝記
DER SEELE NACH WIENER
BRUNO WALTER UND DIE WIENER OPER
WIENERSTAATSOPER 2012
2/3以上が写真
ウィーン国立歌劇場のオンラインショップにて購入可

15ユーロ+送料14.95ユーロ(2015年購入時
点)

https://shop.wiener-staatsoper.at/der-
seele-nach-wiener-bruno-walter-und-die
-wiener.html
ブルーノ・ワルター
レコードによる演奏の歩み

宇野 功芳 著
音楽之友社 1972/11/20
ブルーノ・ワルター
レコードによる演奏の歩み(改訂版)

宇野 功芳 著
音楽之友社 1979/8/10
名指揮者ワルターの名盤駄盤

宇野 功芳 著
講談社 1995/3/20
人と芸術
ブルーノ・ワルター

芸術現代社

1976/3/10 音楽現代 昭和48年10月号を元に内容を追加
再構成したもの

・てい談・ブルーノ・ワルターを語る / ペーター・シュヴ
ァルツ、石井歓、福永陽一郎

・ブルーノ・ワルターの芸術と生涯 / 山根銀二
・わが伯父ワルター / 横溝売一
・我が父ブルーノ・ワルターを語る / ロッテ・ワルター・
リント

・ワルターとマーラの触れ合い / 栗津則雄
・ワルターとの奇縁 / 高橋英郎
・ウィーンフィルとワルター / 出谷啓
・日本人は何故ワルターが好きか / 向坂正久
・ワルター、ベーム、カラヤン / 渡辺学而
・ワルターの著作と演奏を結ぶもの / 吉田耕一
・一度限りの / 室井摩耶子
・ワルター讃 / 篠田一士、末広恭雄、串田孫一、
宮沢俊義、尾崎喜八、安岡章太郎、加藤俊一、
福永武彦、手塚富雄、由紀しげ子

・ヨーロッパ時代、ワルターの芸風の変遷 / 菅一
・ワルターと同時代の指揮者 / 馬場健
・ワルター最後の録音風景 / 若林駿介
・ワルター未発表録音 / 川上剛太郎
・完全ディスコグラフィ / 菅一
クラシックプレス 12号
没後40周年記念
音楽出版社 2002 ・付録CDストーリー 宇野功芳が語る、ブルーノ・
ワルターとの文通

・ブルーノ・ワルターの思い出/ ジョン・マックルーアー
宇野 功芳 編集長の本
没後50周年記念 ブルーノ・ワルター 
音楽之友社 2012/2/1 ・巨匠・ワルターと青年・宇野功芳手紙による交流
を巡る
・ワルターと宇野功芳 手紙による交流/ 高橋宜也
・ブルーノ・ワルター、此岸の音楽/ 佐野洋司
・ニューヨークで聴いたブルーノ・ワルター/ 皆川達夫
・「天啓のラルゲット」/ 保延裕史
・ブラームスとワルターと / 宇神幸男
・ワルターとクレンペラー / 川島由男
・究極の旅 / 宮城谷昌光
・対談 作曲家・佐藤眞と、音楽とワルターについ
て、大いに語る
・共感の秦楽/ 宇野直人
・オペラ指揮者としてのブルーノ・ワルター/ 高崎保

・慈愛がすべて、そして神は微笑んだ / 渡邊政徳
・作曲家ワルターの「ヴァイオリン・ソナタ」について /
佐藤久成

・ワルターの初期録音が示すもの / 山崎浩太郎
・ワルターへの思い、音楽への思い/ 野口剛夫
・ブルーノ・ワルターのレコードへの追慕/ 東条碩夫
・宇野功芳描き下ろし ワルターCD評1996-
2011

・「盤鬼」平林直哉の「ワルターの名演はこれで聴
け」

・ブルーノ・ワルター・ディスコグラフィ / 旦野克幸