BRUNO WALTER HOME PAGE

ウィーン交響楽団


ウィーン交響楽団はウィーン・コンツェルトフェライン管(WinerConcertverein)(1900/1〜1918/10/16)として設立され
その後ウィーントンキュストラ管と合併しWinerSinfonie-Orchester(1918/10/20〜1933/4/12)と名称変更し
1933/10/17から現在のウィーン交響楽団(WinerSymphoniker)となる
但し、コンツェルトフェライン管とトンキュストラ管がどのように合体してWinerSinfonie-Orchesterとして活動したか詳細不明である
演奏会記録には両団体の合同演奏として記録されてあるものもあり、その分については両団体の演奏会記録にも記述した
1935/3/20    ムジークフェラインザール
ヘンデル/オラトリオ「メサイア」より 第3部
   リア・ギンスター(S)エニド・サント(A)ユリウス・バツァーク(T)
   ヨーゼフ・フォン・マノヴァルダ (Bs)
   ウィーン楽友協会cho
バッハ/曲目不明
1935/11/20    ラジオ・ウィーン(RAVAG)
ベートーヴェン/交響曲第6番
ベートーヴェン/交響曲第7番
1935/11/28、29   ウィーン・コンツェルトハウス
シェーンベルグ/「グレの歌」
   ヒルデ・コネツニ(S)ケルスティン・トルボルイ(A)ウィリアム・ウェルニク(T)
   アンドレアス・レスラー(T)パウル・ロレンツィ(Bs)
   ウィルヘルム・クリッチ(ナレータ)
   ウィーン・ジングアカデミー ウィーン・ブルックナーcho
   ウィーン・シューベルトブント男性cho
1936/5/6   ムジークフェラインザール
ベートーヴェン/「ミサ・ソレムニス」
   リア・ギンスター(S)ロゼッテ・アンダイ(A)
   コロマン・フォン・パタキー(T)ヘルマン・シェイ(Bs)
   ウィーン楽友協会cho
1936/5/15、16   ウィーン・コンツェルトハウス
マーラー/交響曲第8番
   マリア・チュボターリ(S)エリカ・ロキータ(S)エニッド・サント(A)
   モード・ヒートン(A)クルト・バウム(T)ヘルベルト・ワルダー(Br)
   ミカエル・セーケイ(Bs)ウィーン・ジングアカデミー
   Wiener Lehrer-a cappella-Chor ウィーン楽友協会cho
注.ウィーンコンツェルトハウスのDBには5/15・16となっているが、ウィーン交響楽団のDBには16日しか記述がない、そうなると15日はゲネプロかと思われる。最近のウィーン交響楽団のDBには3/16となっているがこれは間違い、以前のDBでは正しく5/16となっていた
1936/5/22   ラジオ・ウィーン(RAVAG)
マーラー/さすらう若人の歌
   ロゼッテ・アンダイ(A)
マーラー/交響曲第9番
1936/6/17   ムジークフェラインザール
ブラームス/悲劇的序曲
ブラームス/運命の歌
   ウィーン楽友協会cho
ブラームス/哀悼の歌
   ウィーン楽友協会cho
ブラームス/アルト・ラブソディ
   マリアン・アンダーソン(A)注1 ウィーン楽友協会cho
ブラームス/交響曲第1番
1936/11/27   ラジオ・ウィーン(RAVAG)
モーツァルト/交響曲第35番
ワーグナー/歌劇「タンホイザ―」より「ヴェヌスブルクの音楽」
ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」
1936/12/2   ムジークフェラインザール
ブラームス/「運命の歌」
   ウィーン楽友協会cho
ブラームス/「ドイツ・レクイエム」
   ヨー・フィンセント(S)アレクサンダー・スヴェド(Br)
   ウィーン楽友協会cho
1937/10/27   ムジークフェラインザール
モーツァルト/「レクイエム」
ブルックナー/「テ・デウム」
   エリザベス・シューマン(S)エニッド・サント(A)
   アントン・デルモタ(T)ハーバート・アルセン(Bs)
   ウィーン楽友協会cho
1956/7/1   エンス
モーツァルト/交響曲第36番「リンツ」
ブルックナー/交響曲第9番
注1.マリアン・アンダーソンはアフリカ系アメリカ人であった為、ワルターはナチスから殺人予告を受けた